井上染物店 郷土伝統工芸品


 
 

   
 
井上染物店
 現六代目当主 井上豊彦
  七代目   井上展弘
〒400-0404
山梨県南アルプス市古市場460
tel 055-282-1030
fax 055-282-1195
  
 
 
 
 
 
南アルプス市商工会 
〒400-0222
山梨県南アルプス市飯野2812
tel 055-280-3730
fax 055-280-3731
 
南アルプス市役所
〒400-0306
山梨県南アルプス市小笠原376
tel 055-282-1111(代表)
fax 055-282-1112
 
 
制作 南アルプス市商工会
 








 

ホーム > 甲州武者のぼり・鯉のぼりの歴史

甲州武者のぼり・鯉のぼりの歴史
 

甲州武者のぼりの歴史
武者のぼりは、一般庶民の中からではなく、
武士の旗差し物から始まり、時代背景的には江戸末期ぐらいから
山梨でも立て始められました。
三代目、豊松、四代目、孫太郎の時代は、十数人の染め職人を抱える
染め物店に発展し、この頃から井上染物店の武者絵のぼりを
「甲州武者のぼり」と呼ぶようになりました。
 

鯉のぼりの歴史
江戸時代、菖蒲(尚武)の節句として武家階級ではこの行事を重んじ、
家紋を記した旗差し物や、幟、吹き流しなどの武家飾を、
玄関前に並べ立てることが流行しました。
これに対抗して町人層では江戸中期以後、武具の代わりに
鯉のぼりを立てる風習が生まれました。
 

 
         
 
     

井上染物店 郷土伝統工芸品                   Copyright(C)  2008.  INOUE  All Rights Reserved.